このエントリーをはてなブックマークに追加

京都へ行ってみた

自転車で京都へ行けるのか? いや、距離的には問題ないので、行ったという実績を作りたかったのだ。 ^^

予定のコースは、川西市スタートで、一庫ダムを経由して亀岡へ。これで京都到達は達成するのだけど、距離も登坂も足りないので、るり渓、三田、六甲、宝塚、最後のデザートで、 一条アルチメイトファクトリー宝塚店 からの十万辻トンネル登坂といったところ。走破すれば、ほぼ 130Km (獲得標高 2695m) となる。

では、出発!!

今回は、 Domane にトップチューブバッグを付けて、 iPhone でマップを確認できるようにしてある。ダンシングで膝が当たってしまうので、いずれ iPhone マウントを調達するつもりではある。

一庫ダムへ向けう途中。日生中央へ行くまでの信号も車も少ない桜並木の通り。絶景ポイントなので、春が楽しみだ。

一庫ダムにたどり着く前の最後の坂が待ち受ける、川沿いの道。この後のことを思うとドキドキする。 ^^

あれ? あっとゆー間に一庫ダムに着いてしまった。確かに坂は急なものの、距離は短いのだが、こんなにすぐに終わったっけかな…? という感じだった。一度通った道というのは、短く感じるものなのだろう。

それにしても、湖面が緑に染まってるのは、なぜだろう???

一庫ダムのある知明湖沿いを通り過ぎ、山と田んぼに囲まれた、ほぼ平坦の田舎道をひたすら漕いで、いよいよ京都へ。それにしても、ここまでコンビニがまったくない! 家の近くのコンビニをスルーしたのだが、まさか、あれがラストコンビニだったとは…。 (><)

亀岡市役所到着。休憩なしで、このままるり渓へ向けて発進! この直前にローソンがあったので、いつも通りにホットコーヒーとドーナッツを補給してある。るり渓を登る頃には、エネルギーになっているだろう。

平坦路なので、そこそこのペースでペダルをこぎこぎ。明るいうちに帰りたいので、平坦路でタイムを稼がないと…。たぶん、向こうに見える山に登るのだろう。どれかわかんないけど…。 ^^;

ボトルの水が残り少なくなったので、自販機で水を買う。水がボトルに入りきらなかったので、バックボケットにペットボトルを入れる。これが、ちょっとした失敗だった…。

自販機の横の小道を覗くと鳥居があった。山道、田舎道を自転車で走っていると、結構、鳥居に遭遇する。名の通ったな神社にだけあるものではないんだなぁ…としみじみ。昔のことはよくわからないが、きっと小さな集落ごとに、神様を祀る場所を作ったのだろう。

脚を着かずに登坂したいので、あまり登坂中に写真は撮らない方針なのだが、バックボケットに入れておいたペットボトルが落ちたので、拾いに行ったついでに、写真をパシャり。丸いものを坂道で落としたので、拾うのが大変だった。 ^^;

これは登坂途中の休憩所の川。

高度最高点? …と勘違いして、絶景ポイントを探しに行ったところ。ロープが張ってあって、奥まで入れなかったので、山頂付近では珍しい大きな岩場を写真に収めてみた。

通天湖にて。帰ってから確認すると、最高到達地点はもう少し先だったのだけど、るり渓としては、この辺りが最高到達地点になるんぢゃないかと思われる。ここまでで、およそ 60Km の道程。標高 600m は今日の最高高度。後半は下りも多いし、短い時間で走れるはず。

だがしかし…。

甘かった。るり渓を後にし、篠山をかすめて馴染みの杉生へ行く途中に、予想外の急坂。距離は長くなかったものの、そこそこ脚を使ってしまう。

ツイートを見ると、それでもまだ余裕があったようだ。いつものコンビニで補給休憩したので、少し回復してたのだろう。まさか、このお代わりが致命傷になろうとは…。 (–;

杉生から三田へ行く途中で、またしても急坂。こっちも距離は短いものの、最後の数百メートルで、今まで登ったことないほどの激坂が現れる…。「意地でも脚をつくものかぁ〜!!」と頑張ったのが大失敗。脹脛も太腿もピクピクしているし、痛みが走る。完全に脚が終わってしまった…。 (TT)

写真は、おそらく、その坂へ登る前に撮ったもの…だと思われる。後半はしんどくて、記憶が曖昧で……。 ^^;

とてもぢゃないが六甲は登れそうにないので、諦めて帰路へと進路変更。とはいっても、三田の山中のことなので、帰るにしても登坂は避けられないのだが…。 (TT)

なるべく無理せず、平地でも軽めのギアで、クルクル走りに徹することに。

知ってる道で、もう少しで家なのに、坂が見えるたびに、自転車を降りて小休止。坂を登る分だけのエネルギーを充電して、頑張って登る…のを繰り返す。ファミコンのカートリッジに息を吹きかけて、なんとか復活させて…ってのに似てる気がする。 ^^;

とにかく疲れたらすぐに休憩。後半だけで 10 回は休んだんぢゃなかろうか?

そんなこんなでも、なんとか無事に帰宅。

もう少し写真を撮ったのだけれど、ハレーションが酷くて使えないのばかりだった。途中でホワイトバランスがおかしいのに気付いたのだが、買ったばかりのコンデジで、撮影モードの変え方がわからなくて、諦めたってのもある。 ^^;

いろいろトラブルがあった日だが、それも旅なり。トラブルとトラベルって、似てるしね。 ^^