このエントリーをはてなブックマークに追加

筑波山

タイトルは山なのに、写真は湖。 ^^;

今回は、ヒルクライム好きの人たちと一緒に走ったので、目的は筑波山に登ること。なので、タイトルは山にした。でも、途中でダム好きの私に気遣ってもらって、「あそこに つくし湖 がありますよ。 ^^」と立ち寄ってくださり、ダム湖の写真を撮れたので、その写真を使った…という次第。 ^^;

…というわけで、タイトル、および記事はヒルクライムがメインになっている。

秋葉原からつくばへ

つくば駅に 8:00 a.m. に待ち合わせのため、 4:45 a.m. 頃に起床して、秋葉原へ向かった。自転車で秋葉原へ行くなんて、 弱虫ペダル の小野田くんみたいだなぁ…と、一人でほくそ笑む。 ^^; もっとも、貧脚の私には、ハイケイデンスクライムなんて無理だけどね。 (><)

秋葉原駅で偶然、ハットリさんに遭遇。前回、日光いろは坂に行った時に、一度お会いしただけなのだが、輪行袋で自転車担いでいる人なんて滅多にいないので、すぐに思い出せた。もちろん、つくば駅までご一緒した。

つくば駅から出ると、とっても寒い。気温は 3 度ぐらいか。この寒さも、もうすぐ終わって、自転車に最適な春が訪れるのが待ち遠しいが、それよりも、まずは今日のダウンヒルで凍えてしまいそうなことが心配だ。 ^^;

駅でアキバさん、コガさんと合流。コガさんは、松戸から 40Km ほど自走してきたそうな。筑波山に登るというのに…。ま、コガさんなら大丈夫か。 ^^;

4人で、つくば駅から筑波山の麓の大池公園へ向かい、ヨネさんと合流。今回は五名で不動峠、風返し峠を通って、つつじヶ丘へ向かうのだが、私がトイレに行っている間に、「今回は、タイムを計りたいので、ノンストップでつつじヶ丘まで行きましょう。 ^^」という話がまとまっていた。前回の筑波山では、二回の休憩があったのに…。 (><) まあ、あれからそこそこ走ってきたし、なんとかなるだろうとは思った。ただ、はぐれてしまうと、道がわからなくなるかもしれないことが心配だ。まあ、スマフォがあることだし、なんとかなるだろう。 ^^;

筑波山ヒルクライム - 脱初心者なるか?

登り始めて間もなく、ヒーヒー、ハーハー状態で必死にペダルを回す私のすぐ前で、コガさんが気だるそうにペダルを踏んでいる。なんだ、この差は…。 ^^; だが、そんな時間はごくわずかだった。坂が急になったあたりで、コガさんの独走が始まり、三つほどカーブを曲がると後ろ姿も見えなくなってしまった。さすがに速い…。 ^^; 逃げを決めたコガさんと、四人のグルペットといった構図。

blockdiag Koga Yone Akiba Hattori Tommy

しばらくすると、ハットリさん、ヨネさんが遅れ始め、逃げのコガさん、追走集団のアキバさんと私、グルペットのハットリさんとヨネさんという感じになった。道を知らないのは私だけなので、私は必死にアキバさんに追いすがる。

blockdiag Koga Akiba Tommy Yone Hattori

不動峠に着くと、コガさんが待っていた。3 分ほど遅れて、アキバさんと私が到着したとのこと。ノンストップということだったが、心拍を落ち着かせるため、少し休憩していると、ハットリさんがやってきて、そのまま通り過ぎてつつじヶ丘に向かった。

じきにヨネさんもやってきた。仕事が忙しくて、自転車に乗れていないとのことで、かなりしんどそうだ。入れ替わるようにアキバさんが出発。私は、ちょっと躊躇していたが、ヨネさんが「私はしばらく休憩するので、先に行ってください。」と言うので、アキバさんを追った。かろうじて後ろ姿が見える。

blockdiag Yone Koga Akiba Tommy Hattori

表筑波スカイラインに入る三叉路で、どっちに曲がるかわからない。「む…ヤバい???」と思ったが、右を見ると、アキバさんの後ろ姿があったので、一安心。確か、まだ、分岐があると言ってたはずなので、それまでに、なんとか追いつきたいが、コースを知らないので無理はできない。視界から消えなきゃいい…ぐらいの感じで、走り続けていたら、5分ほどで追いついた。

先頭を走るハットリさん、追走集団のアキバさんと私、リフレッシュして追い上げてきそうなヨネさん、コガさんという、不動峠までと似たような 3 グループ状態になっていた (後ろの二人が一緒かどうかはわからないけど…)。

blockdiag Yone Koga Akiba Tommy Hattori

風返し峠に着く頃には先頭のハットリさんを吸収し、 3 人で登っていた。が、間もなくやっぱりコガさんが追いついてきた。でも、今度は独走せずに、サポートに回ってくれた。ヒーヒーハーハー言ってるので、心配かけちゃったかな? ^^;

そのまま 4 人で、つつじヶ丘に到着。そんなに経たずにヨネさんも到着。どうやら筋肉がほぐれて、以前の体が目覚めてきたようだ。

残念ながら、脱初心者と言われるタイムは切れなかったようだが、いつも置いていかれて一人で走ることになる私は、みんなと一緒にゴールにたどり着けただけで、とても嬉しい。 ^^

つつじケ丘で休憩

休憩所でしばし歓談。そして補給。

アキバさんのコルナゴ。カッコいい〜。 ^^

私の GIANT Escape Air。

他のロードバイクの写真も撮ったけど、人の顔が写っているので、公開は自粛。

激坂の峰寺山ヒルクライム

自転車談義を楽しんで、体力が回復したところで、夕方から仕事のあるハットリさんは離脱。残った 4 人で、ダウンヒル。寒い〜。 (><) そして、次の目的地の峰寺山西光院へ、またしてもヒルクライム。せっかく平地に降りてきたのに〜。 (TT)

西光院への登りは 10% 越えが何度も訪れる激坂コースだった。道幅も狭く、舗装もあんまりよろしくない。体の目覚めたヨネさんが先頭を行き、その後ろに私、アキバさん、コガさんという感じで登り始めた。これが失敗だった。常に全力で走るヨネさんのペースに、調子に乗って付いて行っていると、後ろからアキバさんの声が聞こえてきた。「けっこう厳しい坂が続くんで、ペースを上げない方がいいですよ。」と。だがしかし、コースも自分のペースもわからない私は、前のペースに合わせて走ってしまう。…はい、終了…。 (><) 途中から、まったく付いていけなくなって、アキバさん、コガさんに抜かれたかと思うと、どんどん距離が開いて行き、いつも通りの孤独の一人旅になってしまった。最後まで安定したペースを維持するアキバさんをペースメーカーにすべきだった…。 (><)

途中、何度か足をつきたくなった。一人になっちゃったし、足をついてもいいかな? …という誘惑にかられるが、ヘロヘロになりながらも、なんとか最後まで登りきった。

一人遅れて、西光院へ到着。かろうじて、足付き無しで登り切ることはできたが、もう、しばらく坂は見たくない気分だ。 ^^;

しばしの休憩ののち、西光院を参拝した。撮影禁止とのことで写真はないけど、筑波の清水寺と呼ばれているそうで、なかなかの景観だった。

ランチタイム

そして、お昼ご飯。

焼肉丼セット。寒いのに、ざるそば付きを頼んでしまった。 ^^; 他の皆さんは、温かいお蕎麦を食べていた。まあ、この季節、普通はそーだよねぇ〜。 ^^;

アキバさん「さて、補給もしたことだし、もう一本、登りますか?」
私「…スミマセン…。膝が痛み出したので、私はこれで…。」

もともと、膝がやや痛んではいたのだが、2本のヒルクライムで、どうやら無理してしまったらしく、もう、できるだけ膝に負担をかけたくない。

アキバさん「せっかくここまで来たんで、平坦コースでかりんとう饅頭を食べに行きましょう。 ^^」

足を引っ張ってしまったようで、ちょっと心苦しいが、グルメポタ属としては断れない。喜んで付いていくことにした。 ^^;

スイーツタイム

かりんとう饅頭へ向かう途中で、「あそこに つくし湖 がありますよ。 ^^」と、さらに気遣わせてしまう。申し訳ない限りだが、アースダムを目前にしては立ち寄らないわけには行かない。 ^^;

そんなに広くはないが、綺麗な人造湖だ。ここまで、なかなかの向かい風で、斜度ゼロのヒルクライムといった感じだったが、美しい湖面を見れば、疲れも癒される。 ^^

そして、おやつ屋さんに到着。かりんとう饅頭だ。サクサクっとしたかりんとうの中にあんこが入っている。できたての温かみと、黒糖の甘さがのどの奥まで幸せにしてくれる。 ^^

帰路へ

スイーツの後は帰路へ。だが、膝の痛みのため、皆さんのペースについていくのがつらい私は、車道を走ってつくば駅へ戻ることを諦め、つくばりんりんロードをマイペースで走って、土浦から輪行することにした。というわけで、大池公園付近まで戻ったところで解散した。松戸へ自走で帰る古賀さんが、心配して付き合ってくれた。

つくばりんりんロードは、ひたすら真っ直ぐなサイクリングロードだった。車は来ないし、人も少ないし、とっても走りやすいのだが、あまり刺激のない道なので、ローラー台に乗っているかのようで、ちょっと退屈…。 (><) 桜並木になっているようで、春に走るのが良さそうだ。

廃線の線路をサイクリングロードにしたということで、駅の名残もところどころにあった。

つくばりんりんロードは、土浦駅のすぐ側まで続いていた。駅に到着し、コガさんともお別れ。お互いに安全の声をかけあって、私は駅のホームへ。

車中で、楽しんどい (楽しくて、しんどい) ヒルクライムを思い出しつつ、やや夢見心地で、常磐線を代々木上原駅まで。そして帰宅。ブログを書いて、バタンキュー。おやすみなさい。 ZZzzz…

…むむ…。 STRAVA の今月のヒルクライムチャレンジまで、残り 100m だ…。そして、明日は今月最後の休日か…。むむむむ…。 ^^;