このエントリーをはてなブックマークに追加

宮ヶ瀬ダムの観光放流はド迫力!!

四月になると、宮ヶ瀬ダムの観光放流が始まる。スケジュールを調べてみると、第二日曜日が観光放流日になっている。フォトポタ科、グルメポタ属、ダムマニア種としては、これは行かねばなるまい!! ^^

片道 40 〜 50 Km と自走圏内だ。最高気温は 20 度ほどで、標高は 400m に満たないので、防寒装備はいらない。グローブも指切りで十分だろう。すね毛を剃ったので、普通のレーパンを履ける! …と思ったら、七分丈のパンツしか持ってなかった。去年は足を出すのが嫌だったからなぁ…。 ^^;

確か 9:00 a.m. 頃だったので、さすがに 11:00 a.m. の観光放流には間に合いそうにない。 14:00 の観光放流を目指して、のんびり準備して、走り始めた。

往路は尾根幹

まずは、全体像。いつもながら東京の西側になる。かつては「登坂力を身につけるために、尾根幹で練習を!」と、目的地そのものだった尾根幹。それが今や普通の通り道。少しは登坂力が身についたんだろうなぁ…。もちろん、タイムアタックを目指すと、今でもしんどいところには違いないのだが、時間を気にせずにマイペースで通過するだけなら、気になるほどではなくなった。アップダウンの繰り返しで、そこそこ足を休められるのがありがたい。

いつもは矢野口のコンビニで朝の補給をするのだけど、いつかブルベを走りたいと思っている身としては、少ない休憩で長距離を走れるようになりたい。なので、町田街道まで休憩なしで走りきることにした。

宮ヶ瀬ダムで放流を味わう

町田街道付近のファミマで、肉まんとホットコーヒーを補給しつつ、少しだけ休憩。あとは宮ヶ瀬ダムまで、ノンストップ。上り坂ではあるけれど、標高 200m ぐらいなので、問題なし。

ほぼ頂上らしきところに、有名な オギノパン があった。渋滞ができるほどの人気店らしい。その前を通り過ぎ、少し下って信号のところで振り返って青い道路標識を見ると、そこには 「宮ヶ瀬ダム」 の名前と矢印が!! どうやら通り過ぎていたらしい。 (TT) いい感じのスピードで下ったはずなので、登り返すのは避けたい…と思いつつ、地図を確認すると、登り返さなくても あいかわ公園 に出られそうな道があったので、そっちへ進んだ。 「車両通行禁止」 だけど、「押して歩けば、歩行者だ!」と、自転車を押して急坂を登ると、無事に あいかわ公園 に入れた。 ^^

ダムを探して、 あいかわ公園 を散策していると、」桜舞い散る中に忘れた記憶と、君の声が戻ってくる♪」 と歌いたくなるような桜道に出た。散りゆく桜も美しい。 ^^

ダムへの道標を見つけたので、案内に沿ってゆっくりと自転車を漕いで行くと…。

「うぉ! でかい!」と興奮しつつ、シャッターを切った。

さらに側まで寄る。自然の中にそびえる巨大な建造物。進撃の巨人、メイズランナーなんかを思い出す。

無駄に自転車と絡めてみたりなんかしたけど、イマイチだった…。 ^^;

アナウンスとともに放流開始!! 水流の轟音と、観衆の歓喜の声。ディズニーランドなんか目ぢゃないぜ!! ^^

6分間の放流ということで、人混みをかき分けて、あちこち歩いて、水しぶきの中、なんとか迫力あるショットを撮れた。 ^^ 激しい水しぶき、吹き荒れる風、急激に下がる気温。ダムの放流の膨大なエナルギーを肌で感じられた。 USJ のウォーターワールドより、めっちゃシビれる!!!

観光放流が終わって、ダムの下流側へとカメラを向けると、とってもネイチャーで癒される。静と動の妙を楽しめる、素晴らしい観光スポットだ。

ダムカードを求めて天端まで

宮ヶ瀬ダムの堤頂長は 400m で、堤高は 156m。日本のダムの中で、ベスト 10 に入る巨大さを誇る。ダムカードは天端にある 水とエネルギー館 で配布されているらしい。当然、天端まで上がりたい。そーゆー人のためのエレベーターがあるし、インクラインもあるのだが、自転車乗りとしてはやっぱり自分の足で登らないとねぇ〜というわけで、大通りまで戻ってヒルクライム。斜度 10% を駆け上ると、そこには…。

絶景の宮ヶ瀬湖! ^^ 向こうに見えるのが、もちろん宮ヶ瀬ダム。

けして楽ではない急な坂だと思うけど、ママチャリで登ってきた人がいた!! ^^; 標高はともかく、ママチャリで 10% の坂を越えてくるなんて、なかなかの健脚!!

いつもながらの上部からの堤体。

いつもながらの天端。このショット、好きなのかなぁ〜。 ^^;

上部から見たインクライン。堤体のすぐそばを上下していて、貴重なショットを撮れそうなんだけど、乗らなかった。 ^^;

水とエネルギー館 に入って、ダムカード獲得!! 石小屋ダムのダムカードと、何やらスペシャルなカードも一緒にもらえた。 ^^

朝起きてから、まともな食事をしてないので、隣接していた レイクサイドカフェ で食事をとることにした。

宮ヶ瀬ダム放流カレー が目に付いたので、もちろん注文した。あ、食券を買った、だ。 ^^; このカレーは、遊び心満点。 ^^

見よ! これが放流カレーだ!! ^^

宮ヶ瀬ダムの放流をイメージして、実際にカレーが流れ込んでくる! 面白い!! 素晴らしい!!! ^^

僥倖なことに、これが最後の放流カレーだったらしい。後から来たお客さんに、「すみません。本日の放流カレーは売り切れてしまいまして…。」と説明している声が聞こえる。すみません。私のが最後の一食でした…。 (><)

放流、堤体、ダム湖、ダムカレーと、とっても満足したので、あとは帰るだけ。

宮ヶ瀬湖から下る途中の絶景ポイントで、宮ヶ瀬ダム周辺の俯瞰ショット。この景色、かなりいい感じなので、ぜひとも足を運んで、自分の目で味わってほしいところ。車を停めるところはないので、頑張って徒歩か自転車で…。 ^^;

復路は多摩ニュータウン通り

帰りは尾根幹ではなく、多摩ニュータウン通りを走った。初めて走ったけど、ほぼ平坦路で高速巡航可能な道路。すね毛を剃ったおかげか、 40Km/h で走れたりなんかも!! (気づきにくいけど、緩い下りだったのだろうと思われる)。

高速巡航あり、ちょうどいいヒルクライムあり、絶景ありで、自走圏内。これは癖になりそうだ。 ^^