このエントリーをはてなブックマークに追加

雪の日はエントリー峠へ!

最強寒波到来。天気予報は氷点下となっていて、強風にもなるようだ。こんな日に自転車に乗ると凍え死んでしまう…というのは大げさかもしれないけれど、私が持ってる冬装備だとちょっと厳しいので、早々に自転車は諦めて、ドライブすることにしたのは土曜日のこと。

車の中はあったかいねぇ〜。 ^^;

エスケール

向かった先は Esquerre Cafe だ。以前に Groove in Life :【絶品のハンバーガーを食す!】チームの走り納め修行グルメライドを走る! で紹介されていて、行ってみたいと思っていたのだ。 …ホントは自転車で行くつもりだったのだけど、それはまた後日ということで… ^^;

お店は幹線道路から少し住宅街に入ったところにあった。正面に見えているのは、ベーカリーの入り口で、カフェの入り口は左側にある。

こんなアメリカンな壁を辿ってゆくと、奥に 2F へ向かう階段があり、上るとカフェの入り口がある。

まずはクラムチャウダーが置かれた。これ、絶品。あったまる。 ^^

そして、念願のハンバーガー。もちろんチェーン店のとは別物の手作りの味だ。 ^^ ミンチを使ってなくて、自分のところで肉を叩いていると思われる。ハンバーグなのに、肉肉しいしっかりとした食感が味わえる。

食後は Esquerre bakery に寄って、パンを買って帰った。車なので、買い物が気軽にできる。 ^^

雪見物に能勢へ

Twitter を眺めていると、能勢方面へサイクリングに行って、雪で DNF した人の写真が流れてきた。よし、雪を見に行ってみよう。車で。 ^^;

一庫ダムを超えて、知明湖沿いを北へ向かう。トンネルを抜けるたびに、雪を期待するけど、なかなか雪には遭遇しない。るり渓を回って帰るかなぁ〜などと考えながら上って行くと…。

まだ、滑るほどではないけれど、カーナビによると、この先は渋滞しているようだ。おそらく、このあたりから急に雪が多くなるのだろう。タイヤもノーマルなので、このあたりで来た道を引き返すことにした。

帰路はけっこう吹雪いていた。もうちょっと無理して進んでいたら、帰宅難民になっていたかもしれない。 ^^;

雪景色を見れたせいか、暖かい部屋で飲む濁り酒がみょぉ〜に美味しかった。 ^^

目覚めると、そこは雪国だった

翌日曜日。

朝起きて、ベランダへ出てみると、そこは一面の銀世界だった。前日に、わざわざ雪景色を求めて出かけなくてもよかった。 ^^;

着替えて近所の様子を伺いに、カメラを持って出かけた。人も車もほとんど通らないので、ほぼバージンスノー。歩くとキュッ、キュッと雪の軋む音がする。そして、靴底に伝わる感触が気持ちい。雪が舞ってる。

どこの絶景ポイントまで遠出したのかという感じだが、まだ、徒歩3分ほどのところだ。 ^^;

マンションの壁があるせいか、このあたりの雪はやや少なめかな。

午前中の気温は氷点下。カメラを持つ手が悴んで来たので、そそくさと部屋に戻った。 ^^;

最強寒波は続く。一日中、雪が降っていた。日が照っている道路は雪が解けてたりもするのだが、ノーマルタイヤの車では、とても出かけられない。

桜のアルプスあづみのセンチュリーライド

部屋に閉じ込められていても、 AACR のエントリーはできる! ^^

18:10 に気付いて、慌ててサイトを開く。…が、開けない。急なアクセス増加にサーバーが追いついていないようだ。

直接、スポーツエントリーのサイトに飛んでみたら、無事に開いた。かなりの数のスポーツイベントを受け付けて来たので、それなりに対策できているのだろう。

AACR の申し込みページに進んで、各種入力を済ませ、 「申し込む」 ボタンを押すと…。 「定員に達しました。」 旨のメッセージが…。 (TT) 私が入力に手間取っている間に定員に達したようだ。「全部入力した後で、こんなバカな…。普通、座席予約パターンで実装するだろ!」と、ムッとしたが、気を取り直して、別の組みで無事に申し込むことができた。一安心。 ^^

緑の AACR はあっとゆー間に受付終了したようだけど、桜の AACR の方は 21:30 時点でも受付中のグループが残っていた。まあ、人気イベントなので、時間の問題だろうけど…。 ^^;

これで今年は、四月の AACR、五月の若狭路センチュリーライドが決まった。楽しい春になりそうだ。 ^^