このエントリーをはてなブックマークに追加

生パスタを食べに、虚空蔵へ

篠山に美味しい生パスタを食べさせてくれるお店があるとの情報を入手し、調査班は早速現地に向かった。

…いや、まあ、単に生パスタが美味しそうだったので、食べに行ったというだけのことなんだけどね。 ^^;

場所は篠山の西の方で、お店の名前は 虚空蔵(こくぞう) 。ウェブサイトによると、 「地産地消の創作イタリアン」 のお店らしい。

午前中に車の定期点検を受け、その足で、篠山へ向かった。

虚空蔵兵庫陶芸美術館 の二階にあるのだけど、入り口は別にあるので、美術館に入ることは必須ではなく、食事だけを楽しむこともできる。周辺にはたくさんの窯元がある、陶芸の盛んな地域なので、もちろん美術館を堪能するのも楽しみの一つではある。 ^^

虚空蔵 の入り口の雰囲気はこんな感じ。

中に入ると、陶器が飾られている。料理の盛り付けに使われる器はすべて地元の陶芸家の手による作品なのだそうな。

注文したのは、 虚空蔵ランチ で、前菜、厚切りトースト、パスタ、デザート、ドリンクのセットになっている。お値段は 1,700 円なり。

まずは、前菜。手の込んだ一品料理がいろいろのっている。どれもものすごく美味しい。 ^^ 四角いのはきのこのプリンと言ってたかな? 初めての味わいだった。一点だけ残念なのは…。物足りないってこと。 ^^; 美味しいだけに、もっと食べたかった。

パスタは4種類ぐらいから選べるんだけど、私は季節限定の猪肉のボロネーゼを頼んだ。これは割増料金が発生するのだけど、丹波篠山といえば猪肉なので、食べておきたかったのだ。 ^^

生パスタは平麺なのでリングィーネというのかな? 手打ちならではのプニプニの歯ごたえと、丁寧な仕事が伺える絶妙なトマトソース。これは美味い! ^^ シェフを呼んで、褒めたい (そんなことできないけどね) ぐらい気に入った。 ^^

ただ、猪肉が合うかどうかというと、ビミョーな感じかもしれない。猪肉は個性が強い風味なので、トマトソースとバランスが合ってないような気が…。「にんにくを増やして、チリソースをちょっと垂らすと丁度いいかもなぁ〜」と思いながら食べていた。

最後のスイーツも4種類が味わえる。少しずついろいろな味を楽しめるので、女性には人気がありそう。

全般的に女性向けな印象で、男性陣はきっと「もっとがっつり食べたい!」と思うだろう。 ^^; パスタの大盛りは 200 円アップなので、自転車で訪れた時は大盛りを忘れないようにしようと心に誓ったのであった。 ^^;