このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取砂丘

アメリカに住んでる姪っ子がビザ手続きのために帰国している。詳しいことはわからないが、大学に進学するために必要なようだ。

姪っ子は幼少の頃に渡米したので、帰国はほとんど海外旅行な気分のはず。ここは日頃遊び呆けてる私の腕の見せ所。 ^^v 観光案内をしてやろうぢゃないか!! と、いくつかプランを提示したところ、彼女が興味を示したのが鳥取砂丘だった。

いざ、女子大生と鳥取砂丘デートへ!! ^^

ランチ - 路庵かろばんや

兵庫県の南東の橋から鳥取砂丘までは、なかなかのロングドライブ。朝は 7:00a.m. に出発し、途中、こまめにコンビニ休憩を取りつつ、到着したのはお昼時だった。

せっかく海辺に来たので、海鮮丼を目指して鳥取港付近でお店を探した。見つけたのは、 路庵かろばんや

もちろん海鮮丼 (名前は 「ばんや丼」 だったかな?) を頼んだ。 ^^

ワタシ「生魚、アメリカでも食べるの?」
姪っ子「食べます。でも、こんなに新鮮で美味しいのは初めてデス。 ^^」

だそうな。連れて来た甲斐があった。 ^^

鳥取砂丘

ランチを済ませたら、いざ、鳥取砂丘へ。お盆で混雑していたため、少し離れた 砂丘センター に車を駐めて、リフトで砂丘へ。

リフトを降りると、すぐにこんな景色が待っていた。どこまでも続く広大な砂漠をイメージしていた私は、「あれ? めっちゃ狭い…」と、ちょっと困惑。 ^^;

近づくとそこには砂の壁がそびえ立っていた。なかなかの迫力。

ワタシ「どっから登る? あっちの方が緩やかみたいやけど…。」
姪っ子「ここから登ります! ^^」

直登か…。 ^^; 目算で 50m と、超大型の巨人クラス。斜度は 100% (45度) を超えてるんぢゃなかろうか? かろうじて手をつかずに登れるぐらい。

息を切らせて登り切ると、眼前に広がる広大な海。これは気持ちいい! めっちゃ達成感があったぁ!!

砂丘を降って波打ち際まで。

海に触れたことがなかったらしい姪っ子は、嬉々として波打ち際で遊んでいた。靴がびしょびしょになるほどに…。 ^^;

私も波のタイミングを図りつつ、写真撮影に興じていた。大人なので、靴は濡らさない。

ひとしきり遊んだところで、振り返ると巨大な壁が…。また、登るのか…。 ^^;

登りきった頃には、姪っ子はヘロヘロだった。 ^^;

帰る前にお土産物売り場へ。やっぱ、サンド (砂) とかけてるんだろうなぁ〜。 ^^;

暑いので、梨ソフトを食べた。ちょっと爽やかな味わいで、夏にふさわしい感じ。

そして帰路へ。

丹波竜の里 かみくげ

ロングドライブは疲れるので、気分転換に 丹波竜の里 かみくげ に寄り道。川代恐竜街道は、景色のいい渓谷にある道路で、自転車で走るととっても爽快。とても好きな道なので、ここを通って帰りたかったのだ。 ^^

公園のベンチには、睨みを効かせた恐竜が座っている。

そして、首の長い巨大な恐竜も。

…ホントにこんなのが丹波にいたのかな? ^^;