このエントリーをはてなブックマークに追加

磐梯吾妻スカイライン、未遂

う〜む、体調がよろしくない…。 (><)

先週末は雨で自転車に乗れなくて、原因不明の体調不良になってしまった。回復のためには RPG のように薬草を取りに行くしかない! 噂では、万病に効くという秘薬 「ユキノカイロウ」 が標高 1,600m の険しい峠にあるらしい。いざ、磐梯吾妻スカイラインを目指して、福島へ! …という設定が頭の中でループするのは、日程的に平日になってしまうから。 ^^;

職場の仲間には「オレ、体調が悪いから、水曜か木曜に休むから!」と月曜日から触れ回り、「えらく元気な体調不良ですねぇ〜。 ^^;」と返される前半を過ごしていた。仕込みは十分。

この時期になるとタイムラインにこんな記事が流れてくるんだから、しょーがない。 自転車百景 : ヨーロッパアルプスを彷彿させるような最高の景色★磐梯吾妻スカイライン 涎を垂らしながら読んでいたら、もう、仕事どころではない。 ^^; 思えば、去年、渋峠に行ったのも (参考: 雪の回廊を目指して渋峠へ )、 自転車百景 の記事を読んだからだった。めっちゃ影響を受けてる…。 ^^;

プロローグ

用意していたルートは、福島駅から磐梯吾妻スカイラインを通って、猪苗代湖から郡山駅に下りる約 100Km のコース。せっかく福島まで行くので、たっぷり走りたい気持ちもあるのだけど、 AACR まであと10日なので、膝を痛めたりしないよう、そして写真を撮りながらのんびり進む想定で 100Km に絞っておいたのだ。

新幹線

始発の新幹線で福島へ向かう。新幹線に乗るなら駅弁だろう! ということで…。

ヂャーン!! 最初から、 牛丼どまん中 は諦めて、私の定番の 牛肉弁当 を買ったんだけど、平日早朝の 駅弁屋 祭 は、そこまで混んでなかったので、買えたかもしれない。ちょっと後悔…。 ^^;

食後は読書。サイクルジャージのバックポケットに Kindle が入ることを発見してから、長距離輪行が苦でなくなった。 ^^v だけど、 5 分ほどで爆睡してしまった。 3:30a.m. 起きだから、まあ、しゃーないか。 ^^;

福島駅到着! 快晴!! ^^ 山頂付近は雲がかかっているけど、入念に調べた天気予報では午後から晴れることになっていたので、まったく心配していなかった。

自転車を組み立て、コンビニで水を買って、いざ磐梯吾妻スカイラインへ!!! 駅前の通りを少し進んだだけで、 磐梯吾妻スカイライン の道路標識が出ているので、まったく迷うことなく、それどころか交差点を曲がることなく、道なりで行ける。

なかなかの向かい風の中、のんびりと進んでゆく。「平野部でこの風だと、山の上は心配だなぁ〜。危なそうだったら、郡山へ抜けるのは諦めて、福島に戻ろう。」そんなことを考えていた。

磐梯吾妻スカイラインへ

都市部を抜け、田園地帯を通り過ぎ、コースはヒルクライムへと変わってゆく。「想定していたより、斜度はきつめかも…。 ^^;」と思いながらゆっくり上ってゆく。GARMIN は 11%〜13% あたりを表示することが多く、スピードは 10Km/h をほとんど超えなかった。

少し休憩。どんよりしてきた。ってゆーか、ポツリ、ポツリと頬に雨が当たり始めた。午前中は曇りの予報だったので、このぐらいは想定範囲内ではある。

磐梯吾妻スカイライン の看板が出てきた。さっきから、硫化水素の匂いが漂っている。

カーブを曲がると、遠くにガードマンが見えた。ヒルクライム中なので、あんまり思考が働かない。きっと「お気をつけて!」と言われるんだろうなぁ〜と、のほほ〜と考えていた。途中で降り出した雨は、すでに雪へと変わっている。

ガードマンとの距離が縮まった。中央線にいた彼はヘッドホンを外し、私の進路を塞ぐように立ちはだかった。嫌な予感がする。「この先、かなりの雪が降ってきたんで、通行止めです。」と彼は言った。笑うしかなかった。『大枚叩いて、始発の新幹線でここまで来たのにぃ〜。 ^^;』

そーいえば、ヒルクライム中に颯爽と下ってゆくロードバイクとすれ違ったのを思い出した。「平日のこの時間に、逆からのローディとすれ違うなんて、いったい何時から走ってたんだろ?」などと思っていたのだけど、そーでなくって通行止めで折り返してたってことだったのかぁ〜。 ^^;

U ターン

Uターンして、下りはじめる。標高 750m で気温は 1 ℃。雪が舞う中を自転車で下るのはなかなか厳しい。少しスピードが上がるだけで、もう吹雪の中を走っているようなもので、ぜんぜん前が見えないし、ブレーキを握る手が痺れてくる。私の装備で平気なのは 5℃ ぐらいまでだし…。

ブレーキ操作が怪しくなったので、体温回復のために少し休憩。写真ではあまりわからない程度の雪なんだけど、下りだすと、まあ、大変。 ^^;

一応、雪の壁…かな? ぜんぜん、満足できないけど。 ^^;

同じく体温回復のための休憩。写真ではわからないけど、雪が降ってる。暇なので (3G がギリギリ入るぐらいで、ネットにも繋がらない) 、自撮りしてみた。 ^^;

下れば気温が上がるので、何度か休憩を挟んだりしながら、だましだまし下ってゆく。電波が届かなきゃ、天気予報もよくわからないし…。

ロックシェッド…かな? 雪が雨に変わり、激しくなったので、しばらくここで雨宿り。写真は出発前で晴れてるけど、 30 分ぐらい経ってたかな?

路面はウェットだけど、気温さえ問題なければ、自転車には乗れる。ここからはバビューンと下った。

ランチ

平野部まで戻ってくると、さっきの吹雪が嘘だったかのうような快晴で、通行止めが信じられない。 ^^; せっかくはるばる福島県まで来たんだから…ということで、 はないち でランチを取ることにした。

頼んだのは、 「煮込みカツ丼」 とラーメンのセット。いわゆるカツ丼なんだけど、ソースカツ丼もあるので、頭に 煮込み とつけているのだろう。

食事中に iPhone を見ていると…。

いやいや、 10:30a.m. には通行止めだっただろう!! …とツッコミを入れたくなった。 ^^; まあ、 8:00 a.m. には走り出してたので、何時に通行止めにしてても、同じ運命だったんだけどさ。 ^^;

食事が終わって、行くはずだった山を遠くに見てた。「今頃、あそこで雪の回廊の写真を撮ってたはずなんだけどなぁ〜。 (TT)」

せっかく福島まで来たので、郡山まで自転車で走ろうか? などと考えたりもしたのだけど、 iPhone を確認すると、雨を避けられるルートがない。濡れて新幹線に乗るのは嫌なので、素直に福島駅に戻ることにした。

福島駅到着。

またしても爆睡。

気付けば東京駅だった。

平日昼間の東京の人々を観察しながら、皇居の横を抜け、甲州街道を進み、帰宅して…。

パソコンを立ち上げると、エラーのアラートがたっぷり…。 (TT) せっかく休んだのに、仕事をしながらブログを書いているのであった。 ^^;

エピローグ

磐梯吾妻スカイラインの交通規制は気になっていて、月曜日からウォッチは続けていた。開通したり、通行止めになったり…。この辺り、除雪開通式をやる長野県と、天候状態によってできるだけ開通しようとする福島県の運用の差を感じた。

およそ二万円の費用をかけて、 35Km ほどしか走ってないなんて…。 (><) 日程 (&費用) を考えると、今年は雪の回廊を諦める他になさそうだ。残念だけど、また来年。